2011/06/07

三年経ったミシン選び

もう三年以上、私はミシン選びで迷い続けてきた。


※関連過去記事↓
 生き様の狭間で葛藤するミシン選び(2008年7月13日)
 まだ葛藤しているミシン選び (2008年12月15日)
 G7に刃向かい、楯突くミシン選び(2009年2月15日)
 日本製のファッション産業関連機器のうち研究開発力と技術力で世界的なシェアを築き上げているもの(2010年5月11日)
 優れた日本製品をホメよ~ベビーロックのロックミシン(2010年11月7日)
 これが真のCOOL JAPAN(2011年2月19日)


しかし、ようやく買った。ブラザーにしようかJUKIにしようか、ネットで買おうかと散々迷ったが、最終的に、ジャノメの職業用ミシンを、引っ越してすぐ、近くのミシン屋に相談して決めた。

私がそのミシン屋を訪れた時、ひとり社長が住宅の1階の穴倉のような作業場で、ブラザーの工業用ミシンをいじっていた。普段、関東各地に機械の修理に飛び回っている社長が、その日はたまたま作業場にいたというので、運が良かった。
相談して色々と話を伺って、「何を縫いたいかにもよるが、職業用ならジャノメがいいだろう」と。

後々後悔しないためにも、ミシン購入はネットの情報だけに頼るより、ミシン屋に相談して購入した方が確かだろう。
色々と詳しい説明を伺って、中でも意外だったのは、アタッチメントをつけると職業用ミシンでもボタンホールができるとのこと。

15年以上つき合い続けてきた、購入当時二万三千円だったジャガーの家庭用ミシンは、今は部屋の片隅で眠っている。