2012/04/15

色々な労働帽


これから、紫外線の季節だ。
仕事柄、外で自転車を漕ぐ時間が長いので、紫外線対策をせねばならない。

お約束どおり、ワークマンに行く()と、シンプルで衛生的で合目的的で、勤労生活様式にふさわしい 様々な帽子が格安で取り揃えてあったので、この貧しい私も触手を伸ばして、色々と思うのだった。

右上のファイアーマンキャップのようなのは、新聞広告に載っていた「あれ→」()に近いものである。
なまじ野球帽なんかと合体させずに、いっそブルカにしてしまえば、もっといい。

左下は農業帽だが、黒じゃないければ、柄があってもオバン臭い花柄ばかり。
ここの黒だと、クェーカー教徒の葬式(←)みたいな、カントリー系といえばカントリー系。つか、フリルやレースやリボンをつけると、ゴスロリっぽくもなるだろう。

右下は、バイザーにマジックテープで三角巾がついているもの。
発想はありなんだけれど、もう一歩進んで、これがガテン系ワーカーの海賊帽と合体したものであった方が、機能的にも私は嬉しい。
それぞれ分解して、自分で作ろうかと思う。↓


こういったUV対策商品は、色が似たり寄ったりで、選択肢が少ないのが今のところもったいないと思うが、ニーズがある限り、これもきっと将来、色んな色柄・素材が出てくるだろう。